関節炎の痛みを薬以外で和らげる食べ物や成分

膝の軟骨を再生に必要な非変性2型コラーゲンが変形性膝関節症に重要

 

コラーゲン
コラーゲンはタンパク質の一種です。
コラーゲンは様々な役割があり、皮膚、骨、腱や臓器を形成したり、補強するなど人間の体に非常に重要な物質なのです。

 

体のあらゆる部分で活動しているコラーゲンは30代を過ぎると減少していきます。
関節が痛くなった、皮膚がたるんできた、
シワが増えたなどの老化現象はコラーゲンと密接な関係がるのです。

 

 

関節にコラーゲンが減少すうと、軟骨がすり減って弾力が失われ骨と骨のクッションの役割が果たせません

 

あまり知られていないのですが、水を除く軟骨の成分が大半はコラーゲンでできているのです。
コラーゲンには種類があって、膝のコラーゲンは非変性U型コラーゲンなんです。

 

 

体内のコラーゲン量減少によって引き起こされる症状がコラーゲン摂取によって改善されるのです。
しかし、普通のコラーゲンでは体のなかでアミノ酸へと分解されるという難点がるのです。

 

膝の軟骨の大部分をしめるコラーゲンを摂取するには、サプリメントがオススメです。
選ぶ際は非変性2型コラーゲンを選んでください。