関節炎の痛みを薬以外で和らげる食べ物や成分

グルコサミンは変形性膝関節症に効果あるのか?

膝のサプリメントなどの代表的な成分といえば、グルコサミン、コンドロイチンです。
一度は聞いたことがあるのではないでしゅうか?

 

そこでこの記事では変形性膝関節症にはグルコサミンが大事なの?そこに焦点をあてて説明していきたいと思います。

 

グルコサミンの役目

関節は体の伸縮の際に動きます。
その為に関節部分には潤滑性と弾力性が必要です。

 

関節部分がすべりやすければやすいほど伸縮運動がスムーズにいくのはわかると思います。
この運動に大きくかかわっているのがグルコサミンという成分です。

 

グルコサミンはエビやカニなどの甲殻類の殻に含まれているアミノ糖の一種で、人間の体内のあゆる部分にみられますが特に関節に多く存在しています

 

グルコサミンが少なると関節部分の滑るが悪くなります。
その結果、関節軟骨がすり減り、骨と骨とがぶつかりあって合ってしまうのです。

 

変形性膝関節症による膝の痛みはグルコサミンが少なくなってきているといってもいいでしょう
グルコサミンの積極的な摂取が解決策になるのです。

 

変形性膝関節症は手術しても完治することはありません。
進行性の疾患なので、生涯痛みとつきあっていかなければなりません。
でも痛みを和らげるハーブやグルコサミンを摂取することで痛みが改善する可能性も十分にあるのです。