関節炎の痛みを薬以外で和らげる食べ物や成分

関節炎の痛みを和らげる天然ハーブのキャッツクロー

中高年になると、変形性膝関節症や関節リウマチなどの関節症に悩む方が多くなります

 

関節症の治療は特効薬はありません。
炎症を抑えて痛みを和らげる消炎鎮痛剤での治療になります。
痛みを抑える効果が高い薬品ほど、副作用も強くなってきます。
長期的に、薬を使うことで、体が慣れ、効き目が落ちてくることもあります。

 

 

そこで、関節の痛みを抑える効果として注目を集めているキャッツクローと言うハーブがあります。

 

南米ペルーのアマゾン奥地が原産の天然ハーブです
古代インカ帝国の時代から、膝痛や腰痛、関節リウマチなどの治療に使われている天然ハーブです。

 

キャッツクローがなぜ、膝痛や関節痛の痛みを緩和するのか?
詳しい理由の一つとして、キャッツクローに含まれているアルカロイドという成分があります

 

■免疫の正常化
体の中に入ってきた。ウイルスや細菌などを攻撃する事故防御システムが、異常をきたして外的でなく自分の細胞を攻撃してしまうがアレルギーや関節リウマチなどの自己免疫疾患です。
キャッツクローのには、その免疫を正常に正す働きがあるので関節リウマチには関節の痛みが改善されえると言われています。

 

 

また関節リウマチや変形性膝関節症などで起こる炎症をしずめ、痛みを和らげる作用があります。

 

キャッツクローの効きめを感じまでには個人差がありますが、2〜3週間で症状の改善が感じる方が多いようです。

 

リウマチや変形性膝関節症の痛みで悩んでいる方は薬に頼りづぎるのではなく、キャッツクローのサプリメントを飲んでみてはどうでしょうか?